読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

daisuke’s DARIAN blog

岡本大助が中二病趣味を垂れ流すブログ

歴史と神秘と体現する日本神話の武器3 天之尾羽張(アメノオハバリ)

みなさんこんにちは!
株式会社DARIANを経営する隠れ中二病患者、岡本大助です。
このブログは僕が自分の中二病趣味を垂れ流す
完全自己満足スペースです。

 

今回紹介するのは、軻遇突智(カグヅチ)の首をはねた伝説の武器「天之尾羽張(アメノオハバリ)」です!

 

f:id:hatehatedaisuke:20170413170228j:plain

(※画像はイメージです)

 

天之尾羽張(アメノオハバリ)は伊弉諾イザナギ)が持っている神剣、「十束剣(とつかのつるぎ)」のうちの1つです。

十束剣は固有名詞ではなく、長い剣の一般名詞として使われています。

ちなみに一束=拳1つ分なので、1m以上の長さがあることが分かります。

 

天之尾羽張はカグヅチの因縁の剣です。

このカクヅチ、日本神話における怪物かと思いきや、イザナギとその妻である伊弉冉イザナミ)の子どもなのだとか。

実の父親に斬り殺されたとはどういうことでしょうか。

 

カグヅチは火の神様でした。

そのため、カグヅチの出産時にイザナミは陰部に火傷を負ってしまいます。

そしてこの火傷が致命傷となり、イザナミは死に、黄泉の国へと行ってしまいました。

そのことを嘆き悲しんだイザナギは、天之尾羽張でカグヅチを斬り殺したのです。

 

古事記』では、イザナギによって殺されたカグヅチの血から、以下の八柱の神々が生まれたと記されています。

●石折神(いはさくのかみ)

●根折神(ねさくのかみ)

石筒之男神(いはつつのをのかみ)

甕速日神(みかはやひのかみ)

樋速日神(ひはやひのかみ)

建御雷之男神(たけみかづちのをのかみ)

→カグヅチの血が岩石に滴ったことで生まれました。

闇淤加美神(くらおかみのかみ)

闇御津羽神(くらみつはのかみ)

→水の神様と言われています。

 

また、カグヅチの死体からは次の八柱が生まれています。

正鹿山津見神(まさかやまつみのかみ)

淤縢山津見神(おどやまつみのかみ)

奥山津見神(おくやまつみのかみ)

闇山津見神(くらやまつみのかみ)

●志藝山津見神(しぎやまつみのかみ)

羽山津見神(はやまつみのかみ)

原山津見神(はらやまつみのかみ)

戸山津見神(とやまつみのかみ)

 

イザナミの死はいわば事故であり、カグヅチは理不尽な理由で殺されたと言えるかもしれません。

しかし血と体から計十六柱もの神々を生み出すとは、さすがはイザナギイザナミの子…といったところでしょうか。

 

さて、次回は桓武天皇に与えられた伝説の剣、「布都御魂(ふつのみたま)」について紹介したいと思います!

それでは今回はこのあたりで。

岡本大助でした!