読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

daisuke’s DARIAN blog

岡本大助が中二病趣味を垂れ流すブログ

架空だからこそ夢の膨らむ伝説の武器6 グングニル

みなさんこんにちは!
株式会社DARIANを経営する隠れ中二病患者、岡本大助です。
このブログは僕が自分の中二病趣味を垂れ流す
完全自己満足スペースです。

 

今回は、前回予告した3つのアイテムの中から北欧神話主神で、戦争の神オーディンの持つ槍「グングニル」を紹介したいと思います!

グングニル」とは、古ノルド語で刀剣がぶつかった際の擬音を意味します。

 

グングニル

f:id:hatehatedaisuke:20161118135201j:plain

グングニルを持つオーディン

 

グングニルを使ったオーディンは、全知全能の神、詩の神、戦神など、様々な呼称を持つ北欧神話主祭神です。「グングニル」はこのオーディンが使った槍です。

 

伝説の種族であるドヴェルグの、鍛冶イーヴァルディの息子達によって作り出されたと云われています。その後オーディンの他、トールやフレイといった北欧神話の神にも品定めされた後、オーディンへ渡されたそうです。

 

グングニルは必ず的を捉え、敵を捉えた後は自動的に持ち主の手もとに戻りました。また、この槍を持った軍勢に必ず勝利がもたらされたそうです。

 

たまりませんね。北欧神話

次回は何にしようか、考えるだけでウキウキしてきますw

 

今回はこの辺りで。
株式会社DARIANの岡本大助でした。

架空だからこそ夢の膨らむ伝説の武器5 神器レーヴァテイン

みなさんこんにちは!
株式会社DARIANを経営する隠れ中二病患者、岡本大助です。
このブログは僕が自分の中二病趣味を垂れ流す
完全自己満足スペースです。

 

前回が少々地味目な魔剣ティルビングだったので、今回は派手にいきたいと思います。
北欧神話を知っている人なら、きっと誰もが一度は耳にしたことのあるであろう名前、ムスペルの一族を率いてアスガルドを襲撃した巨人「スルト」の持つ神器、レーヴァテインです。

 

『神器レーヴァテイン』

f:id:hatehatedaisuke:20161116170013j:plain

ジョン・チャールズ・ドールマン「スルト」

 

エッダ詩の一つ「フィヨルスヴィズの歌」に登場する神の使う武器。その形状は枝、杖、槍、そして剣と解釈はさまざま。日本では剣のイメージが強く、ファンタジー作品などでは炎を纏った剣として描かれることが多いようです。

北欧神話きってのトリックスター:ロキがニヴルヘイムの門でルーンを唱えて作りあげたとされています。その後レーギャルンの箱に入れられ、9つの鍵を掛けた上でスルトの妻シンモラに預けられました。

世界樹ユグドラシルの天辺に住む雄鶏ヴィゾフニルを討つのに必要と言われていますが、それを得るにはヴィゾフニルの尾羽が必要という、ニワトリとタマゴ理論があるとかないとか。

シンモラの夫が巨人スルトであることから、ラグナロクの際にスルトが振るった剣および炎を指す名称として用いられることが多いようです(特に日本で)。とはいえ、「フィヨルスヴィズの歌」の中では、レーヴァテインがスルトの炎と同じであるとは明言されておらず、また他の神話の中でも、スルトの炎をレーヴァテインと明確に呼んだことはないそうです。

 

有名な割にはイマイチ形状も概要もはっきりしないレーヴァテインw
その辺のミステリアス具合も人気の秘密かもしれません。

 

さあ次は何にしようかな。
オーディンの持つグングニルにするか、ヘイムダルの吹くギャラルホルンにするか、バルドルの息の根を止めたミスティルテインヤドリギ)か。
いやあ、いろいろあって迷っちゃうなwww

 

今回はこの辺りで。
株式会社DARIANの岡本大助でした。

架空だからこそ夢の膨らむ伝説の武器4 魔剣ティルヴィング

みなさんこんにちは!
株式会社DARIANを経営する隠れ中二病患者、岡本大助です。
このブログは僕が自分の中二病趣味を垂れ流す
完全自己満足スペースです。


ここ何回か北欧神話続きになっております。
だって北欧神話すっげえ楽しいんだもんwwww

 

ということで今回も懲りずに北欧神話から伝説の武器をご紹介。
第四弾の今回は、再び魔剣です。

 

『魔剣ティルヴィング』

 

f:id:hatehatedaisuke:20161115181357j:plain

ティルヴィングを手に入れるスヴァフルラーメ

 

北欧神話の主神オーディンの孫にあたるスヴァフラーメ王(スウァフルラーメ)は、ドヴェルグ(ドワーフ)のドヴァリンとドゥリンを拘束し、自由にする引き換えにこの剣を作成させた。

 

ティルヴィングは黄金の柄によって装飾され、決して錆びることなく、岩や鉄をも布のように容易に裂く切れ味を誇り、スヴァフラーメはその出来栄えに大いに満足していた。


だが、二人のドヴェルグはこの剣に二つの呪いをかけ、去り際にそのことを教えた。

 

一つ。この剣は一度鞘から放たれれば、誰かを殺さなければならない。
二つ。この剣は所有者の願いを三度叶えるが、必ず所有者の命を奪う。

 

スヴァフラーメは戦場でこの剣を振るい、幾度も勝利を納めた。
だが、ドヴェルグの呪いには打ち勝てず、巨人アルングリムルに奪われたティルヴィングそのものによって命を落とす。

 

その後も呪いは続く。

 

スヴァフラーメの王女ユフラテを娶ったアルングリムルは、息子アンガンチュール(一人目)にティルヴィングを譲るが、その息子は英雄ヒャルマルとの決闘で相討ち、両者と共に呪いの剣は葬られる。

 

その後、ティルヴィングはアンガンチュールの娘ヘルヴォルによって掘り出され、その息子ヘイズレクに渡される。


ヘイズレクは兄アンガンチュール(二人目)を殺し国を追放される。後にレイドゴートランドの王となるがオーディンの予言によって命を落とす。

 

さらにヘイズレクの息子アンガンチュール(三人目)は、父を殺した仇に復讐しティルヴィングを取り戻す。


そこから伝承はゴート族とフン族の戦争へと繋がっていく……

 

※文中に三人も「アンガンチュール」が出てきますが、全員別人です(でも全員血族)。

 

なお、この物語は後にJ.R.トールキンの『指輪物語』の創作に大きく貢献することになります。

 

北欧神話に登場する武器の中では、レーヴァテイン、ミョルニル、フルンティングなどに比べるとややマイナーな感は否めないティルヴィングですが、その『願いを叶え、破滅をもたらす呪いの宝剣』という性能から、出てくるとそれなりにテンションが上がりますwww


さあどこまで続くかな、北欧神話シリーズwww!

 

今回はこの辺りで。
株式会社DARIANの岡本大助でした。

架空だからこそ夢の膨らむ伝説の武器3 ミョルニル

みなさんこんにちは!

株式会社DARIANを経営する隠れ中二病患者、岡本大助です。

このブログは僕が自分の中二病趣味を垂れ流す

完全自己満足スペースです。

 

さて今回も北欧神話から伝説の武器のご紹介です!

第三弾の今回は「ハンマー」。

「ハンマー」、武器よりも工具としてのイメージが強い言葉ですよね。さて、今日の武器はどんな伝説を持つのでしょうか?

それがこちら!

 

ミョルニル

f:id:hatehatedaisuke:20161111123228j:plain

これは写本の1ページで、ミョルニルが描かれた最も有名な一枚です。

ミョルニルを持つのは北欧神話の重要な神であるトールで、敵である数々の巨人と戦ったと言われています。ゲルマン地方を中心に信仰されたそうです。

 

そうです、ミョルニルはこのトールが武器として使ったハンマーです。

ミョルニル」とは古ノルド語で「粉砕するもの」という意味で、思い切り叩きつけても壊れず、投げても的を外さないでブーメランのように手に戻ってきたと言われています。自在に大きさを変えて携行できたと記されていますが、柄が短いという欠点もあったとのこと。

 

その威力は凄まじいものがあり、一撃で死ななかった生き物は世界蛇ヨルムンガンドぐらいだったと書かれています。(『ヒュミルの歌』より)。また北欧の韻文詩トール讃歌』によれば、後にトールに殺される巨人ゲイルロズはトールに、ミョルニルを持たずに自分の屋敷に来るようにと告げたという話が詠われているほどです。

 

ミョルニルを象ったレプリカはスカンディナヴィア半島の広い地域で広まっていて、結婚式をはじめとする祭式でも使われるそうです。

男性器の象徴ともいわれているとのこと。

 

う~ん、たかがハンマーされどハンマー、すごい武器が世界にはあるものですね! 一生、中二の心でいたくなります…。

北欧神話の武器は、まだまだ続きます!

 

今回はこの辺りで。

株式会社DARIANの岡本大助でした。

架空だからこそ夢の膨らむ伝説の武器2 ダーインスレイヴ

みなさんこんにちは!

株式会社DARIANを経営する隠れ中二病患者、岡本大助です。

このブログは僕が自分の中二病趣味を垂れ流す

完全自己満足スペースです。

 

さて今回も北欧神話から伝説の武器のご紹介です!

第二弾の今回は「魔剣」。

中二病心をくすぐる言葉ですよね、「魔剣」。

それがこちら!

 

『ダーインスレイヴ』

 

f:id:hatehatedaisuke:20161110140242j:plain

 

声に出してみてください、「ダーインスレイヴ」って。

響きからして格好いい!

 

ダーインスレイヴが格好いいのは、その名前の響きだけじゃありません。

この剣は、一度鞘から放たれれば人の血を吸うまで決して収まらない「魔剣」として知られています。

そしてダーインスレイヴによってつけられた傷は、二度と癒えることはありません。

ダーインスレイヴを抜くということは、殺し合いが始まるということ。

残酷な戦争が続くのは北欧神話の特徴のひとつと言えるかもしれません。

 

ダーインというのはこの魔剣をつくった北欧神話の小人(ドワーフ)の名前であり、ダーインスレイヴは直訳すると「ダーインの遺産」という意味なんだとか。

 

ダーインスレイヴが関わる神話として有名なのが女神フレイヤの話です。

 

北欧神話の主神であるオーディンの愛人であった美しい女神フレイヤはある日、4人の小人がつくった黄金の首飾りに一目惚れします。

首飾りを欲しがるフレイヤに、小人たちは交換条件を突きつけます。それは、4人の小人たちとそれぞれ一夜を共にすること。

どうしても黄金の首飾りが欲しかった女神フレイヤはその要求をのみ、無事に小人たちから首飾りをもらいます。

しかし、その一部始終をイタズラ好きの神ロキが見ていました。

ロキは早速主神オーディンに一連の出来事を告げ口し、当然のことながらオーディンは激怒します。

オーディンはロキに命じて、女神フレイヤの館から黄金の首飾りを盗ませました。

首飾りを失ったフレイヤオーディンに泣いて許しを請い、首飾りを返してくれと頼みます。

黄金の首飾りを返す条件として、オーディンフレイヤにある2人の王を戦わせ、死んでもなお生き返り戦うよう呪いをかけろと命じました。

 

オーディンが指名した2人の王とは、デンマーク王ホグニとサラヤン王へジン。

この2人は盟友であり、良きライバルでもありました。

黄金の首飾りを返してもらうため、女神フレイヤは2人がそれぞれ相手を憎むよう巧妙に手引きをしました。

まずへジンのホグニへの憎悪を煽り、正気を失わせます。半狂乱になったへジンはホグニの妻を殺し、その娘をさらって船で逃亡しました。

しかし逃亡する途中、へジンは正気を取り戻します。なぜ自分たちはこんなに争っているのか、良き友であるのに…そう思ったへジンはホグニに和解を申し出ます。

しかし時すでに遅し。ホグニの手には鞘から抜かれたダーインスレイヴが。

ダーインスレイヴは小人がつくった魔剣。相手の血を吸うまで決して止まることはありません。

 

かくしてヘジンとホグニは軍勢を率いて殺し合いを始めました。

お互いの軍が全滅しても女神フレイヤの呪いによって次の朝には戦死者が蘇り、また殺し合いが始まるのです。

その戦争は、神々の最終戦争であるラグナロクが始まるまで続いたと言われています。

 

ダーインスレイヴで出来た傷は治らないそうなので、両軍とも傷だらけのメッタメタになっても殺し合いを続けるということですよね…。

残酷極まりないこの話は、ダーインスレイヴを抜いたことによって始まってしまったのです。

恐ろしい魔剣!ダーインスレイヴ!

 

北欧神話には中二病魂を激しく燃えさせる武器がたくさん登場します。

このブログで今後もそれらをご紹介できたらと考えています!

 

今回はこの辺りで。

株式会社DARIANの岡本大助でした。

架空だからこそ夢の膨らむ伝説の武器1 ゲイ・ボルグ

みなさんこんにちは!

株式会社DARIANを経営する隠れ中二病患者、岡本大助です。

このブログは僕が自分の中二病趣味を垂れ流す

完全自己満足スペースです。

 

最近オーパーツを紹介したり、

エジプトの黄金仮面を紹介したりと結構自由にやっていますがwww

今回ご紹介するのもその流れで、相当自由な感じです。

その名も、

 

ついにきちゃった「架空の武器・防具シリーズ」!!!

 

これはネタが豊富にありますよーw

なんだったら自分で創り出すことも可能ですからねwww

中二の神髄ここにアリ! といった具合に、

今後ことあるごとにバンバン紹介していきますんで!!!

でもって第一弾はコレ!

 

ゲイ・ボルグ

f:id:hatehatedaisuke:20161109145423j:plain

ハイ来た北欧神話

みんな大好きアイルランドの英雄「クー・フーリン」が持っていることで有名な

あの槍ですよ!

 

え? まさかクー・フーリンをご存知ないとか? ウソでしょ!?

そんなアナタのために簡単にご説明しましょう。

 

「クー・フーリン(アイルランド語: Cú Chulainn)はケルト神話の半神半人の英雄。父は太陽神ルーもしくはスアルタム、母はコノア王の妹デヒテラ。幼名はセタンタ。灰色のマハと黒色のセングレンの二頭の馬が引くチャリオットに乗る。髪は百本の宝石の糸で飾られ、胸には百個の金のブローチを付けた美しい容貌だが、いざ戦いが始まると激しく痙攣し、額からは光線を発してあごが頭くらいの大きさになる。両目の間には七つの瞳が生じ、片方の目は頭の内側に入り、もう片方は外側へ飛び出す。手足の指は七本に増え、両頬には黄・緑・赤・青の筋が浮かぶ。電流のように逆立った髪は根本では黒いものの先端に向かうほど赤く変色し、そこから血が滴るほどの恐ろしい形相に変貌するという」

 

うん、簡単にいうとバケモノですねw

もっとクー・フーリンについて知りたいという方は、グー●ル先生に聞くか、

アニメFateシリーズを見直すか、女神転生あたりをプレイするといいでしょう。

何事も勉強です。


さてそのクー・フーリンが持っていた槍:ゲイ・ボルグ

名前の意味は「破裂する槍」「雷の投擲」「蛇腹状の投槍」だとか。

彼の武術の師匠・魔女スカアハから与えられた槍で、稲妻のような切れ込みがあり、

ノコギリのような独特の形状の穂先をしているそうです。

 

その大きさもかなりのもので、

狂戦士化して体が膨れ上がったフーリンの身長とほぼ同じほどの長さがあり、

従者が五人がかりで運ばなければならないほどだったとか。

 

この穂先は怪魚の骨から造られており、投げると(足で打ち出すと言う説もあり)

30本の鏃となって相手に降り注ぎ、突くと相手の体内で30本の刺となって炸裂する

凶悪な戦略兵器と化す・・・とかなんとか。


投げた場合の能力は前述の他に、敵軍に残らず刺さる、敵を逃さず命中する、

稲妻のような速さで敵をまとめて貫くなどがあり、

突き刺した場合の能力はより多岐に渡り、敵の全身に毒を残す、

全身の内臓と血管の隙間に大釘を残す、どんな防具も貫通する、

奇妙な軌道で突き刺さる、無数に枝分かれして刺さる、

この槍でつけた傷は直らない、刺された者は必ず死ぬなどがあるとか。

チート過ぎるね! ゲイ・ボルグwww!!!

 

そのせいかどうか、クー・フーリンが通常の戦闘において振るう武器は

光の剣クルージーン・カサド・ヒャンやありふれた投擲物で、

ゲイ・ボルグを用いることは少なく、同格の敵との決闘でも

最後の最後に用いるのみだそう。


クー・フーリンがゲイ・ボルグを使用した相手としては、

無二の親友にしてライバルであるフェルディア、実子であるコンラが有名です。

彼ら二人はクー・フーリンと同じスカアハの修行を修めており、

ゲイ・ボルグの有無が生死を分けたといいます。


フェルディアは分厚い鉄の大盾、鉄の前垂れ、石の鎧、全身にできた胼胝によって

身を固めていましたが、ゲイボルグはこれらの装備を引き裂いて

フェルディアの腹に刺ささりました。もはや敵なし。


この他、幼馴染の御者レーグ、愛馬の一頭である灰色のマッハ、

そしてクー・フーリン本人が、謀略によってゲイ・ボルグに貫かれたとする伝承も

あるそうです。


今回はこの辺りで。

株式会社DARIANの岡本大助でした。

たまらない…エジプト遺物 その1

みなさんこんにちは!

株式会社DARIANを経営する隠れ中二病患者、岡本大助です。

このブログは僕が自分の中二病趣味を垂れ流す

完全自己満足スペースです。

 

さて、タイトルに書いた「エジプト遺物」。

2009年に日本初の常設館となる「古代エジプト美術館」が東京・渋谷にオープンし、マニアの間ではますます盛り上がり、中二病広がっているようです。

 

今日はそんな中から一つ、「アメンエムオペト王の黄金のマスク」について。

f:id:hatehatedaisuke:20161108131312j:plain

国立カイロ博物館所蔵

 

1939年にデルタ地帯のタニスで第21王朝、第22王朝の墓が発見されました。
この墓は盗掘されていましたが、素晴らしい副葬品が数多く出土しました。この黄金のマスクも、その時に見つかった4つのマスクのうちの一つです。
プスセンネスの1世の息子、アメンエムオペト王のものです。
金の板を打ち出したこのマスクはメネス頭巾を被り、額には王家の印である聖蛇ウラエウスを付けていて、ビーズの幅広い胸飾りを着けた姿が彫り出してあります。
眉と目、アイラインの部分は色ガラスがはめ込まれています。 国力が衰えてきた第3中間期にあって、この黄金のマスクは最盛期の新王国時代の作品にも劣らない工芸品の一つに数えられています。

 

古代のものとは思えない、衰えない美しさを放つ黄金の輝きですね。中二病を、核心からくすぐられます…。

 

金の板を叩き出して贅沢に作られたこのマスクの眉や目、アイラインの部分には色ガラスがはめ込まれていて、当時の高度な工芸技術を垣間見ることができます。

 

 

今回はこの辺りで。

株式会社DARIANの岡本大助でした。