読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

daisuke’s DARIAN blog

岡本大助が中二病趣味を垂れ流すブログ

たまらない…エジプト遺物 その1

みなさんこんにちは!

株式会社DARIANを経営する隠れ中二病患者、岡本大助です。

このブログは僕が自分の中二病趣味を垂れ流す

完全自己満足スペースです。

 

さて、タイトルに書いた「エジプト遺物」。

2009年に日本初の常設館となる「古代エジプト美術館」が東京・渋谷にオープンし、マニアの間ではますます盛り上がり、中二病広がっているようです。

 

今日はそんな中から一つ、「アメンエムオペト王の黄金のマスク」について。

f:id:hatehatedaisuke:20161108131312j:plain

国立カイロ博物館所蔵

 

1939年にデルタ地帯のタニスで第21王朝、第22王朝の墓が発見されました。
この墓は盗掘されていましたが、素晴らしい副葬品が数多く出土しました。この黄金のマスクも、その時に見つかった4つのマスクのうちの一つです。
プスセンネスの1世の息子、アメンエムオペト王のものです。
金の板を打ち出したこのマスクはメネス頭巾を被り、額には王家の印である聖蛇ウラエウスを付けていて、ビーズの幅広い胸飾りを着けた姿が彫り出してあります。
眉と目、アイラインの部分は色ガラスがはめ込まれています。 国力が衰えてきた第3中間期にあって、この黄金のマスクは最盛期の新王国時代の作品にも劣らない工芸品の一つに数えられています。

 

古代のものとは思えない、衰えない美しさを放つ黄金の輝きですね。中二病を、核心からくすぐられます…。

 

金の板を叩き出して贅沢に作られたこのマスクの眉や目、アイラインの部分には色ガラスがはめ込まれていて、当時の高度な工芸技術を垣間見ることができます。

 

 

今回はこの辺りで。

株式会社DARIANの岡本大助でした。