読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

daisuke’s DARIAN blog

岡本大助が中二病趣味を垂れ流すブログ

世界に存在する伝説の刀 その2

みなさんこんにちは!

株式会社DARIANを経営する隠れ中二病患者、岡本大助です。

このブログは僕が自分の中二病趣味を垂れ流す

完全自己満足スペースです。

 

『炎の剣 ティソーナ』

 

今回ご紹介するのは、スペインの叙事詩である「わがシッドの歌」の

主人公であり、実在の人物ロドリーゴ・ディアス・デ・ビバール

(通称エル・シッド)が持っていた二振りの魔剣のうちの一本である

炎の剣「ティソーナ」。

名前の由来はラテン語で「燃える木」「たいまつ」という意味から。

 

f:id:hatehatedaisuke:20161020161828j:plain

 

エル・シッド(1045年? - 1099年)のいたカスティーリャ王国は、

イベリア半島に存在した中世の帝国の一つ。

エル・シッドは、王国の軍事指導者と外交官でムーア人と戦い、

スペインの英雄となった人物です。

彼は熟練した軍事戦略家であり、強い剣士でもありました。


エル・シッドは一生の間に多くの異なった剣を使用しましたが、

最も有名な剣がティソーナです。

エル・シッドがムーア人との戦いで振るったティソーナは、

スペインで最も大切な遺物の一つといわれています。

 

ティソーナのすごさは、持ち主によって「強さが変わる」という

魔法のような性質を持っているところにあります。

叙事詩「わがシッドの歌」の中では、

 

「その強さは装備者の強さによって異なり、敵にふさわしくない者に恐怖させる」

 

とあり、子供たちがティソーナを持つと普通の剣でも、

強者が持った瞬間に敵兵は恐怖に包まれ、戦わずして敗北を宣言したといいます。

 

もともとはスペインのトレド軍事博物館で展示されていたティソーナですが、

現在はブルゴスの博物館で展示されています。

 

世界には中二心をくすぐるお宝がまだたくさんあります。
今後もどんどん紹介していきますよ!

 

株式会社DARIANの岡本大助でした。